HOME>フィールド(沖縄)

Goniurosaurus kuroiwae kuroiwae

s-P4085781.jpg

ヤモラーの私にはやっぱり嬉しい出会いです
クロイワトカゲモドキ

s-P4085784.jpg

s-P4085804.jpg

沖縄はやっぱり良いですね~
こんな素敵なトカゲモドキが暮らしています
しかしながら限られた場所にしか生息していないため
琉球列島の生物は簡単に絶滅してしまうのです

クロイワトカゲモドキ
沖縄県指定天然記念物
昭和53年 11月9日指定年
沖縄県版RDB: 絶滅危惧II類
環境省版RDB: 絶滅危惧II類


ちょっと見るとトカゲのようですが、実際はヤモリの仲間です。古い時代からの生き残りと考えられ、ノグチゲラと同じように生きた化石と呼ばれる動物のひとつです。すんでいる島ごとに姿形がちがっており、伊平屋島のものはイヘヤトカゲモドキ、伊江島、渡名喜島、阿嘉島、渡嘉敷島のものはマダラトカゲモドキ、久米島のものはクメトカゲモドキと呼ばれ、すべて天然記念物となっています。
 体の大きさは15cmくらいで、背中にはうすいピンク色のまだら模様や金色の粉をまぶしたような模様があります。昼間は岩の割れ目や穴の中、石の下、洞穴の中にかくれていて、夜になると出てきて活動します。繁殖期は4月から8月で、その間に雌は2個の卵を2回以上産みます。卵は秋にふ化し、親になるまで2年近くかかります。

テキスト:沖縄県教育委員会(1993)「沖縄の文化財I-天然記念物編」より


スポンサーサイト
にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

この記事のトラックバック URL

http://troomofhobby.blog.fc2.com/tb.php/10-bd8a02a7

コメント:

ヤモラーです☆
ヤモラー、そうかもしれません(*´ω`*)
日本でもトカゲモドキさんがんばって生きているのですね♪
漆器のようなお色で素敵☆
そしてあのよちよちして感じの歩き方が、やっぱり可愛らしいですv
こんにちは
フィニステールさん
天然記念物の貫禄ありです
中国のハイナントカゲモドキに似ていますね~
ハイナントカゲモドキ前は幻のヤモリだったのですが
ここ数年でWCの入荷でメジャーになりました
採取圧が不安です
現地でレオパも見て見たいですね~

コメント:する

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins [DW99 : aqua_3cpl Customized Version]